世代別!ダイエットのポイントとは

30代のためのダイエット方法

30歳代に入ると、体型が変わったり、ダイエットの効果がでにくくなってきたと感じたことはありませんか? 女性の場合は子育ての時期に、仕事でも忙しい年代なのでダイエットのための時間を確保できないこともあるでしょう。だからこそ効率よく、無駄なくダイエット計画を立てたいですね。 30代は徐々に基礎代謝が落ちてくるため、運動などで時間を費やすよりもまずは食べる量(カロリー)を減らしましょう。食べることを我慢すると、ストレスがかかってしまいますが、楽しく制限できる方法としてお勧めしたいのが「レコーディングダイエット」です。毎日自分が食べる量を記録することで、食べ過ぎや暴飲暴食を確実に減らすことができるようになります。

40代のためのダイエット方法

40歳になると加齢に伴って筋肉量が減り、30代よりもさらに代謝が悪くなります。女性ホルモンは30代をピークに分泌量が減少してきて、ホルモンのバランスの乱れが、脂肪のつき方にも変化を及ぼします。今までと同じ方法でダイエットを成功しようとしてもなかなか思うように体重を減らすことが難しくなってくるのは、体の変化が大きく関係しています。たとえば、体全体に付いていた皮下脂肪が、お腹周りに内臓脂肪としてつくような太り方になってくるなどです。
この年代の効果的なダイエット方法としては、生活習慣を整えて自律神経のバランスを整える生活をすること。例えば早寝早起きで規則的な生活を送ったり、パソコンやスマートフォンを見る時間を減らすなどから始めてみましょう。生活習慣全体を見直してバランスが穏やかになるとダイエットの結果が出やすくなってくるような年代です。

50代のためのダイエット方法

50代になってくると、急激なダイエットよりもまずは健康を維持することをメインに考えたダイエットをお勧めします。即効性が高いダイエットの場合は、体の負担が大きくなりスタイルよりも先に健康面に影響を及ぼしてくるからです。
お勧めのダイエット法を紹介すると摂取する炭水化物を減らすことです。この年代の場合は代謝も悪くなるので、三食しっかり食べるというよりも夕食だけ炭水化物を減らすというのも方法のひとつです。夕食に摂取した炭水化物は蓄積されることが多いのですが、量を減らすことで翌日の目覚めもスッキリしてきます。運動についても、ウォーキングなど筋肉痛にならない程度の軽い運動をお勧めします。また、ひざや関節や腰などに不具合が出てきやすい年代でもあるので、急激な運動は禁物です。健康維持を促す成分を配合しているサプリメントも上手に取り入れるといいですよ。