食事制限ダイエットを続けるポイント

極端な食事制限はダメ!

すぐにダイエットしたいと思うと、絶食したり量を減らすなど、食べる量を極端に制限する方法がありますが、この方法では逆に痩せやすい身体を作ってしまいます。筋肉量が減ってしまうため、代謝も同時に低くなり、体脂肪が燃えにくい体内環境になってしまうからです。極端な食事制限は、ダイエッターにとって禁物です。
1日に最低限必要なカロリー数は成人男性の場合1840kcal、成人女性の場合1440kcalです。これは通常よりも20%カロリーを落とした値です。この数値が体脂肪率を少しずつ減らしていきます。一気に食事制限すると筋肉量が減り代謝が減りますが、少しずつ制限することで代謝を保ちつつ体脂肪を燃やすことも維持することができます。

痩せやすい食事の仕方とは

必要なカロリーの食材をきちんと取って、新陳代謝がスムーズな体をつくることと同時に、食事の仕方も工夫しましょう。例えば、炭水化物の取り方です。朝600kcal、昼500kcal、夜400kcalなど徐々に炭水化物を食べる量を減らしたり、食べる回数を増やして量を減らすなどの制限方法もあります。
夜間に食事を摂ると体の中に脂肪を蓄積しやすくなるので、できるだけ遅い時間には食事をしないこともポイントです。食事の回数を小分けにするとエネルギー代謝がよくなります。
また、たんぱく質(P)、脂質(F)、炭水化物(C)をバランスよくとって、食事の質を保つ「PFCバランス」を良くすると、痩せやすい身体づくりにつながります。

8時間ダイエットとは

「8時間ダイエット」って知っていますか?これは、食べる量を制限するのではなく、食べる時間帯を制限してダイエットする方法です。この方法のポイントは、食べる量を制限しないので、食べることを我慢するつらさが軽減される点です。胃腸が働いている時間と、休めている時間ができるので胃腸をいたわることができます。
この方法でダイエットの効果をだすときに気を付けるのは、食べ過ぎないことです。8時間以内に摂取するカロリー数を制限しつつ、栄養バランスのいい食事をするように心がけましょう。このダイエットのいいところは食事量を極端に制限しなくても、だらだらとお菓子を食べるような食習慣が改善しやすくなり、ダイエットの結果が出やすくなるということです。